ルミガンの通販

ルミガンを通販で購入しようか迷っています…

「ルミガン」のまつげ育毛による効果と副作用は?

ルミガンの場合、とくにまつげの密度において劇的な変化がみられます。

まつげの長さや色の濃さをアップさせる効果より、新たな発毛を促す効果が優れているようです。まつげの生え方がまばらだったり、エクステやパーマの影響で抜けてしまった人などが駆け込むまつげ美容液がルミガンなのです。

一方一時期、週刊誌などに「まつげ美容液で失明」というような不安感を煽る記事が掲載されたことがありました。前述したように目のかゆみ、充血、色素沈着などの軽微な副作用はあり得ますが、ルミガンを初めとするビマトプロスト含有のまつげ美容液で失明するというのは、根拠のない噂話です。

出所のわからない粗悪品ならあり得る話でしょうが、正規品に限っていえば視力低下や失明の実例は皆無です。

思わず新商品に目移りしてしまいそうな最近であっても、ルミガンが長年の愛用者層をキープしていることからその安全性がうかがえます。怪しい噂話よりもまつげ美容液としての実績を重視すべきかもしれません。

もしルミガンの効果をよりはっきりと認識したいなら、ただ漫然と使用するよりも「使用開始時」「使用開始後1,2,3カ月」の写真を撮影しておきましょう。

デジカメで、目元のアップ写真を撮っておけばOK。自まつげの育成をより楽しむためにも、おススメの方法です。

ラティースとルミガンが同じ過ぎて

今、まつげ美容液って流行ってるんですね。私自身は、少し前に放送された「ホンマでっか!?TV」で紹介されて初めて知ったのですが、実際はもう何年も前から日本では人気を集めていたとのこと。元々まつげがそこまで長い方じゃないので、少しでも伸びたら嬉しいなと思い、ちょっと調べてみました。

メジャーなものとしては、ラティースとルミガンが挙げられるみたいですね。じゃあそれのどっちかを買ってみようかな、と思い更に調べてみたのですが、意外にもそこでつまずいてしまいました。両者の違いが全然分からないんです。両者の写真を見比べてみたのですが、製造会社も、成分も、内容量も、果ては箱の見た目までほとんど同じ。それなのに、ラティースの方がルミガンの何倍も高いんです。単純にそれなら安い方を、と買いたいのは山々なのですが、通販で取り寄せる以上安いと何があるかも分からないのでそれもできず。一体この値段の違いには何があるのでしょうか?

ルミガンやラティースは元々

何ヶ月か前に放送されていたとあるバラエティー番組で、まつげ美容液のことが取り上げられていました。ルミガンとかラティースって聞いたことありますけど、日本でも番組で取り上げられる程人気になってるんですね。

でも、その番組を見て初めて知ったんですけど、ルミガンやラティースの成分って、元々は緑内障の治療に用いられていたんですね。というか、今も普通に緑内障の点眼薬に含まれてて、番組に出ていた評論家さんの1人が、緑内障点眼薬をさしている片目だけまつげが伸びてパッチリしたと言っていました。緑内障とまつげ育毛・・・一見すると全然関係なさそうですけど、意外なつながりがあったんですね。でもその評論家さん、そのことを奥さんに「片目だけ可愛くなった」と指摘されたって半ばノロけて、MCに「知らんがな!」みたいな感じに突っ込まれてて面白かったです。でも、そんな傍目から見て分かるくらいなら、私もルミガンやラティース、挑戦してみたいですね。

ルミガンやラティースで失明!?

まつげを育毛できることから、日本でも女性を中心に流行っているまつげ美容液のルミガンやラティースですが、実は怖い副作用もあるみたいです。ルミガンやラティースって、目の充血や痒み、色素沈着がよく副作用として起こるとは聞いたことありますが、別にこれってそんな怖くはないですよね。まぁ強いて言えば色素沈着くらいでしょうか?ひどいとパンダ目みたいになっちゃうこともあるみたいですから。

しかし実は、ルミガンやラティースは、少し目に入るくらいなら痒みや充血で済むものの、毎日のようにそれを繰り返してしまうと結膜炎や角膜炎になってしまうとのこと。確かにここまでくるとちょっと重症ですね。しかも、角膜炎は放置しておくと、失明する危険もあるのだとか。つまり、ルミガンやラティースを使うことによって、失明するリスクは否定できないということなんですね。可能性的にはほんの少しかもしれませんけど、これは確かに怖いですね。このこと、使用者の中で知っている人ってどれくらいいるのでしょうか?

ラティースとルミガンは用量厳守

ラティースやルミガンって、よく目に入らないよう気を付ける的なこと、使用の際の注意みたいなところに書いてありますけど、別に入っても少し目が充血したり痒くなったりするくらいだから大丈夫じゃないかな、と漠然と今まで思ってました。それくらいの副作用なら、たくさん塗って早くまつげ伸びてくれた方が良いかなぁ、みたいな感じで。

でも、実際そうして目に入るようなことが長期間続くと、いくら少量でも充血や痒みだけでは済まなくなるそうです。ひどい場合だと、結膜炎や角膜炎を引き起こし、最悪の場合は失明に至ることもあるのだとか。まぁ失明の危険はまだ理論的なものらしく、今のところで失明したというケースは出ていないみたいなんですけど・・・可能性が否定できない、というところが怖いです。そこまでいかなくても、結膜炎や角膜炎となると、確実に病院にかからなくちゃいけなそうですし。となると、確かに用量は厳守した方が良さそうですね。

ラティースやルミガンはまつげ以外にも

ラティースやルミガンなどのまつげ美容液って、副作用としてよく目の充血や痒みが生じるそうですね。原因としては、目にまつげ美容液が入ることが挙げられるみたいですから、そうならないよう気を付ければ防げるみたいですけど、実際、美容液は本当にまつげ以外の場所に触れないよう塗布しなくちゃいけないみたいです。

別に目に入らないなら良いんじゃないかな、と私も不思議だったのですが、ラティースやルミガンは、まつげ以外の毛も育ててしまうみたいなんです。そのため、瞼や顔の一部についたりすると、その部分だけ毛が濃くなってしまうのだとか。瞼の毛って、あって産毛くらいですけど、それが濃くなるって・・・ちょっと想像できませんね。まぁ顔や瞼の産毛が本当に濃くなってしまうとなると、顔はともかく、瞼は皮膚が薄い分剃るにもちょっと怖い場所ですからね。でも、まつげの所だけ塗るってそれはそれで難しそうですね。やっぱり専用のアプリケーターとか必要なのでしょうか?

ラティースやルミガンは使い続けなくちゃダメ

今流行りの、ラティースやルミガンなどのまつげ美容液。かなりの割合でちゃんとまつげが伸びるみたいなので、私もやりたいかな、と思ったのですが・・・あれって、ちゃんとまつげ育っても使い続けなくちゃ維持できないみたいですね。

となると、興味ありましたけどちょっと・・・という感じです。だって、使うのやめちゃったらせっかく伸びたまつげ元に戻っちゃうんですよね。ん?元に戻る?長くなったの短くはならないと思いますから、この場合抜けてしまうということなのでしょうか?まぁそれはともかく、キープするためずっと使い続けるもの、良い事ばかりじゃないと思います。確かにまつげの長さはそのままキープできますが、副作用の色素沈着がひどくなって大変そうです。あれって、使用やめれば一定期間で消えるそうですけど、それだとまつげはキープできないし。しかも色素沈着って、使用期間長ければ長い程濃くなって治りにくくなるんですよね。これじゃああっちが立てばこっちが立たずです。何かまつげ美容液の良い使い方とか無いのでしょうか?

まつげ美容液ルミガンの入手方法

眼科って、外科や救命みたいに体力的に辛くなく、小児科や産婦人科みたいに儲からないわけでもないという理由で、結構人気な分野だそうですね。

眼科とか耳鼻科とかって、外科に比べるとどうしても地味なイメージがあってので、逆に人気ということには驚きました。まぁ地味でも、眼科って何時も一定数患者いそうですからね。

でも、眼科が多い分、儲けを確保するにはやっぱり色々しなくちゃいけないみたいです。まぁ他と差別化を図る必要があるということですよね。

そのため、一部の眼科では、ルミガンを使ったまつげ育毛治療を開始しているそうです。ルミガンってまだ日本で認可されていませんから、個人輸入じゃないと買えないイメージでしたけど、日本の眼科でもできるんだなぁ…と思いきや、未承認薬のため全額自費負担みたいです。これは…確かにお金になりますね。

日本で個人輸入ってやっぱりまだ浸透してませんから。それでも、医者が把握の上治療ができるっていう面では、安全性は高いというメリットもありますよね…まぁ最終的に、自分なら金額と安全性を秤にかけると思いますが。

ルミガン使用者のブログを見てみました

まつげ美容液の「ルミガン」というのが流行っているみたいなので、私も挑戦したいなぁと思う今日このごろです。なので、実際に購入する前にまずは情報収集を、ということで、実際の使用者の声を調べてみました。

すると、案外使用者さん達のブログがあってありがたかったです。

それらのブログを見る限り、結構効果はあるみたいですね。中にはビフォーアフターの写真を載せてくれている人もいて、はっきり違いが分かるくらい効果が出ているのが分かりました。

ただ、効果が出るには結構な月使い続けなくちゃいけないみたいですね。あと、地味に心配なのが目尻の色素沈着ですね。中には化粧しなかったら結構目立ちそうなレベルの人もいて・・・まぁ私は肌が白い方じゃないので、多分多少は大丈夫だと思います。

とにかく、確かに効果があるみたいなので、私も買ってみようと思います。次は色々な個人輸入代行サイト巡って、少しでも安く購入できるところを探してみます。

 続きを読む

ラティースルミガンの効果・副作用ケアプロストHOMEへ戻る